ワークショップ

2012年12月28日 (金)

【WS予定②】2013/2/16出版記念

新 刊 『ひと裁ち折り と 山本厚生の世界』
出 版 記 念 ワ ー ク シ ョ ッ プ

二 〇 一 三 年  新 春 企 画

20120216ol02s

「ひと裁ち折り」が世の中に公開されて10年。公開後に『ひと裁ち折り紙』(2004年)、『ひと裁ち折りの魅力』(2006年)、そして今年(2012年)9月には3冊目の『ひと裁ち折りと山本厚生の世界―折って、切って、開く、平和への願い』を出版しました。考案者の山本厚生さんとともに「ひと裁ち折り」が新聞や雑誌、テレビなどに立て続けて紹介されたこともあり、今年は「ひと裁ち折り」への興味関心が一気に広がりました。
伝統的な折り紙とは違って、「折って、切って、開いてびっくり」という新しい遊びが改めて注目され、その面白さと魅力は全国に知られるようになりました。これも読者の方や愛好家のみなさんが長きに渡って粘り強く応援してくれたお陰です。
この間、新たに本を購入して「ひと裁ち折り」ファンになった多くの方々から、「もっと覚えたいので、ぜひ講習会を開いてほしい」と声が寄せられました。ひと裁ち折りの会ではみなさんの要望に応え、新刊『ひと裁ち折りと山本厚生の世界』の出版記念も兼ねて、2013年初春「ひと裁ち折り」ワークショップを企画することになりました。初春の1日を交流の機会として、みなさんと大いに楽しみたいと思います。

hairsalon日時 : 2013年2月16日(土曜日)13:30~16:30
hairsalon定員60名 ※事前にお申し込み下さい。
hairsalon参加費500

hairsalon会場子どもの文化研究所(豊島区目白3-2-8)
JR目白駅より徒歩1分※駅西側。改札を出て直ぐ左階段を降り右折。
http://www.kodomonobunnka.or.jp/index.htm

hairsalon内容one 「著書を語る」 山本厚生/two「読後感」 参加者よりひと言ふた言/three
ワークショップ「2013年の計」 ひと裁ちメッセージ
※当日はサインセールも行います。

hairsalon主催 : ひと裁ち折りの会 (山本厚生、山本ヒカル、萌文社/永島憲一郎、青木沙織)

お申し込み・お問い合わせ:萌文社 永島
〒102-0075東京都千代田区富士見1-2-32-202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【WS予定①】2013/1/24神楽坂カフェ

「ぶらり途中下車の旅」 番 組 放 送 記 念

2013年初春ひと裁ちメッセージ
「ハート」は素適な出会いを作る

ひと裁ち折り
山 本 厚 生

m e e t s
風 雅 す た い る カ フ ェ

20130124ws_dm_ols_2

※画像をクリックすると大きくなります。

今秋、日本テレビで放映された『ぶらり途中下車の旅』では、旅人・田山涼成さんが飯田橋に下車して萌文社(教会の中に事務所/出版社)を訪れ、山本厚生さんの実演による「ひと裁ち折り」を紹介しました。番組はその後、神楽坂に移動し、田山さんは「風雅すたいるカフェ」でオリジナルのお茶漬けを満喫しました。そして最後に、サプライズ!田山さんがなんと、堪能した食事に「ハート」のひと裁ち折りで感謝の意を表しました。
放送は好評をいただき、後日、山本厚生さんと風雅すたいるカフェとの交流も生まれました。今回はコラボレーション企画の第1弾です。ぜひお越しください。

日時 : 2013年24日(14:30~16:30
場所 : 風雅すたいるカフェ http://www.fugastyecafe.com/
※当日はランチも営業中!

参加費 : 1,000円(ワンドリンク付き)

ワークショップ定員 : 1 5 名 (予約申込= 先 着 順 )
申込 : 萌文社(永島) Tel 03-3230-1689 mail naga@hobunsya.com

共催 : 風雅すたいるカフェ & ひと裁ち折りの会

風雅すたいるカフェ
東京都新宿区神楽坂3-2-40 CO&COビル2階
※1階は焼鳥「あべや」。エレベータで2階です。

最寄り駅 飯田橋駅
◆JR中央線西口出口より徒歩6分
◆東京メトロ有楽町線・東西線・南北線・都営大江戸線B3出口より徒歩4分
※「風雅すたいるカフェ」は、極上の癒し空間、桐のぬくもり、九谷焼の心、和の味、和の時間として利用されているお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

【WS予定】2012/8/18丸善

20120818_05ol02_2

丸善ラゾーナ川崎店にて、イベント実施決定!

折って・切って・開いて・ビックリ!山本厚生さんのひと裁ち折り教室

同 日 開 催 : サ イ ン 会

日時: 2012年8月18日(土)10:30~13:00
場所: ラゾーナ川崎店特設イベントスペース


※どなたでもご参加いただけます。無料

会場などの詳細は → コチラ

ぜひ、ご参加ください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

【WS報告】2012年講演活動

この数か月の様子を主なところだけ紹介します!
厚生さん、全国を飛び回っています!

120219

2012年2月19日 ワークショップ@中4(なかよん)クラブ ※荏原中延4丁目クラブ

120304

2012年3月4日 平和講演とワークショップ@杉戸9条の会

120308

2012年3月8日 平和講演とワークショップ@国際女性デー長野集会

120527

2012年5月27日 ワークショップ@伊那谷地域住民大学

120622

2012年6月某日 ひみつの対談 ※まだ秘密ですが、結果は近日発表します

120708

2012年7月8日 ワークショップ@中4(なかよん)クラブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

【増刷御礼WS予定】2012/1/29富士見区民館

happy01 増 刷 御 礼 happy01

山本厚生さんのひと裁ち折りワークショップ

「広げよう!ひと裁ち折りの魅力」

(主催 萌文社)

Img8f1054e3zbzr23_2

2011年の感謝を込めて、山本厚生さんが、最新のひと裁ち折りを行います。
王道中の王道のスタイルを余すところなく突き進み、最新のひと裁ち折りを盛り込んだ、なんとも贅沢な時間を予定しています。
どなたでもご参加いただけます。

※当日は書籍『ひと裁ち折り ~折り目あそびの魅力』
 『ひと裁ち折りの魅力 ~もうひとつの紙あそび』の販売もいたします。

日時 : 2012年1月29日(日) 
第1部 13:30~15:30 ひと裁ち折りワークショップ
第2部 15:30~16:30 意見交換会    

会場 : 富士見区民館(東京都千代田区富士見1-6-7)

参加費 : 無料 ※どなたでもご参加いただけます。

申し込み : 事前にお申込ください(担当:永島)

TEL 03-3221-9008
FAX 03-3221-1038
Eメール naga@hobunsya.com

※@マークを半角に変換ください。
※なお年末年始(12/28-1/4)は休業になります。

主催 : 萌文社(出版)

Img28e6b4f8zbxe6k

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

【定例WS】2009/3/1例会

□■「ひと裁ち折り」【3月例会(3/1)】のご案内■□

暖冬ですsun 早いもので水辺には芹が蘇がっています。
みなさんお元気でお過ごしのことと存じますconfident

さて、3か月に1度の例会でひと裁ち折りを楽しんできましたが、
本年も昨年と同じく4回の例会(three月、six月、nine月、onetwo月の第one日曜日を予定)を開催します。

twozerozeronine年の初の例会は、three月(1日)ですが、すでに山本さんは仙台で宮城県の先生たちの教研集会(1月24日)でお披露目していますpaper企画して下さったのは、小関きよみさん。小関さんとは、昨年の全国母親大会(書籍販売コーナーbook)で出会い、ひと裁ち折り談義shineに花を咲かせたのが縁です。

また市民祭りに hairsalon K O D A I R A hairsalon を、ひと裁ち折りでパフォーマンスをすると張り切っていた、小平市の鳥居さんや水上さん、成功しましたかsign02

ひと裁ち折りが縁で、人と人を結びますhappy02heart02

ご案内遅れましたが、是非ご参加下さい。今年もよろしくお願いいたしますsign03

 

■主催:「ひと裁ち折りの会」
■日時:2009年3月1日(日曜日)13:30~16:30
■参加費:500円(子ども小学生と中学生100円)
■会場:富士見区民会館・洋室A(富士見1-6-7)
JR飯田橋駅西口、有楽町線・南北線飯田橋駅B2a出口。

会場使用名は「子どもの参画情報センター」となっています。

問い合わせ:永島(萌文社)/TEL:03-3230-1689

〒102-0075千代田区富士見1-2-32 萌文社/永島

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

【WS報告】2009/1/24宮城県教組

Img_4866b

2009年1月24日 <出張>報告

宮城県教職員組合女性部にお招きいただき、仙台に行ってきました。宮城県教職組合による、第1回女性部・養護教員部・青年部合同教研(専門部GO!DO!教研)が、先の1月24日(土曜)、25日(日曜)の2日間にわたって、仙台で開催され、分科会の講師の呼ばれました。

教職組合の女性部長である小関さんが、24日の分科会のひとつに山本さんのひと裁ち折りを企画し、今回実現の運びとなったもの。小関さんから、参加者のみなさんの感想と写真を送っていただきましたので紹介します。

数学的なおもしろさに基づいた折り紙に驚いてしまいました。

切ってどんな形ができるか開く楽しさを味わいました。
ぜひ子どもたちと楽しみたいと思います。

初めての一裁ち折り紙、楽しい時間でした。
後習し、身につけて子どもたちを驚かせたいです。
…ハートだけでも。
山本先生の家づくりのお話も興味深くうかがいました。
ありがとうございました。

初めて体験した折り紙でした。
たった1回切っただけで形ができるという
感動を味わいました。もみじがとても気に入りました
どんな折り方をするのか…
これを考えられた山本先生の頭脳、すばらしい!!

Img_4867b

Img_4868b

070523_3

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

【WS報告】2008/12月の例会

070523_3

2008年12月の定例会報告

2008年の最後(3月、6月、9月月の4回)となった12月例会は、この1年間のまとめ(新しいカタチの考案=ハートづくし、洋紙サイズ・中抜きアルハベットなど)を中心に振り返りながら、ひと裁ち折りのこれからのいっそうの広がりをめざして山本厚生さんから「テーマ別の小冊子づくり」(葉っぱ、花、鳥、顔、マーク…)が提案されました。今後の例会では、ひと裁ち折りに初めて出会う方にどんな折り順がわかりやすいかなどを、みなさんとともに考えながらまとめていくことになりました。

厚生さんの実演と解説は、ホワイトボードに図形が書き込まれ数学の授業を思い起こさせますがわからなければ分からないで、お隣同士で教えあうのも楽しいものです。

例会の恒例ともなったのは、いつも平塚から参加してくださる影山孝夫さんのマジックのショータイムです。今回は種明かしなしのトランプのマジック。ひと裁ち折りと一脈通ずる不思議さの魅力が遊び心をくすぐります。

Img_1833b

Img_1841b

Img_1838b

次回は3月1日です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

【定例WS】2008/12/7例会

□■「ひと裁ち折り」【12月例会(12/7)】のご案内■□

早いもので2008年の最後の月xmasを迎えました。
いちだんと寒さも増してきたようですが、みなさんお元気でお過ごしでしょうか。

さて、「ひと裁ち折りhairsalon」の一つのカタチを作るうえで、何が大切になるのでしょうか。山本さんが念頭にするのは、折り回数が少なく簡単なもの、そして切って開くと美しいカタチです。

「ひと裁ち折り」は、理屈のうえでは、折り回数を重ねていけば、平面上の図形はどのようなカタチでも出来ます。対象となるカタチは無限です。でも不可能ではないからといって、何回も折って複雑に込み入ってしまうのでは、遊びとして面白くありませんpaper

つまりその理想形は、シンプル・イズ・ビューティフルですshineshine

ご存じのように、「ピースハートheart01」はその代表作です。最近、これ以上単純化(three回)はないというsign02、誰もが忘れず覚えられるハートが完成しましたhappy02。加えて、「ラブラブハートheart04」もお目見えしました。人間関係を円滑にするグットコミュニケーションgoodのさりげないアクセントです。覚えて広げましょうsnail

山本さんを囲んでの、今年最後となる例会(納会)です。初心者cloverも常連者eyeglassも、和気藹々の楽しい会ですnotes。みなさんの参加をお待ちしております。

 

■主催:「ひと裁ち折りの会」
■日時:2008年12月7日(日曜日)13:30~16:30
■参加費:500円(子ども小学生と中学生100円)
■会場:富士見区民会館・洋室A(富士見1-6-7)
JR飯田橋駅西口、有楽町線・南北線飯田橋駅B2a出口。

会場使用名は「子どもの参画情報センター」となっています。

問い合わせ:永島(萌文社)/TEL:03-3230-1689
〒102-0075千代田区富士見1-2-32 萌文社/永島

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

【WS報告】2008/10/26母親大会

070523_3

2008年10月26日 <出張>報告

10月26日(午後の)雨模様の日曜日。2008年東京母親大会の特別分科会が、エデュカス東京の1回会議室で行われ、厚生さんが「お話とひと裁ち折り紙」の分科会の講師pencilとして登場。お話はもちろん、本業の建築家としての「住まいについてhouse」の講演(1時半~2時半)、そして休憩を挟んで4時までひと裁ち折りhairsalonの講習と実技というプログラムです。

会場は当日参加の人が多く、予定を上回って、スタッフもイスを補充するなど大慌てrunsweat01。住まいの講演では、とくに住まいhouseと家族geminiについて、建築家の視点から、今、何を大切にしなければならないのかを語りました。

講演もさることながら後半は、当日のグループ分け(AからFの6つ)の席決めも、一工夫したこともあって(受付で封筒に入れたABCのひと裁ち折りを参加者が切って決める)、ひと裁ち折りのモ-ドにすぐスイッチが入れ替わり、みなさん夢中になって、あっという間に時間切れですsandclock

当日の参加者は、お孫さんvirgoを連れてきたり、ほとんど初心者cloverの方ばかり。ハートづくしheart04と秋の紅葉mapleを堪能しました。みなさんの笑顔happy02が印象的でした。

11092

Img_1768b

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)